banner_modenatour1.jpg   banner_modenatour2.jpg banner_ferraritour.jpg   banner_sanmarinotour.jpg

2012年05月29日

山の中の絶品レストラン

もうそろそろつわりの時期は治まってきたのですが、何だか体がだるくて何にもする気がしない日が続いていました。
パソコンの前に座るのもしんどくて、なかなかブログも更新もできず。。。(汗)
「いやいや、こんなことではいかーーーーん!」と、今日は朝から、ないやる気を奮い起こしてみました。

う〜〜〜ん。。。ケントの時ってこんなにしんどかったかなぁ。。。?


さて、もう大分前の話題になってしまいますが(どれだけブログ更新をサボっていたかばれますね。。。汗)、山の中にある絶品レストランに行ってきたのでご紹介しますね。

今年の春頃に、日本からのお客様Sさんから「ここのレストランに行きたいんですが」と問い合わせがありました。
そのレストランとは、実は私達が去年の秋に予約を取り損ねたところ。
(詳しくはこちらの記事をどうぞ→)

「どうしてこんな山の中にあるレストランを知っているんだろう?」と不思議に思っていたのですが、Sさんはこのブログを見てくれていたらしく、「予約が取れない人気のレストラン」に行ってみたいと思ってくださったんだそうです。

春の平日だったので、予約も簡単に取れ、当日はパルミジャーノ工場とバルサミコ酢工場にご案内した後、車でレストランに向かいました。
私達がいつもご案内する2つの工場は、フェラーリの町として有名な「マラネッロ」の郊外にあります。
そこからレストランまでは、車で約1時間。
ちょうどお昼頃にレストランに到着しました。

IMG_1152.JPG

石造りの素敵な外観。

IMG_1146.JPG

落ち着いた内装もとっても素敵でした。

IMG_1147.JPG

前菜は生ハムと、ポルチーニとトリュフのクロスティーニ(カリッと焼いたパンの上に具が乗ったもの)。
う〜ん、おいしい!

IMG_1148.JPG

IMG_1149.JPG

パスタは2種類を少しずつ持って来てもらいました。
ポルチーニソースのトルテッローニ(詰め物パスタ)と、トリュフソースの手打ちパスタ。
どちらもとってもおいしかったのですが、このトリュフのパスタが絶品でした。
白トリュフは秋にしか取れないらしいのですが、黒トリュフは他の季節でも取れるそうな。
というわけで、このパスタには生トリュフを薄くスライスしたものが乗っていたのですが、これがと〜〜ってもおいしかったです!

IMG_1150.JPG

セコンドもお任せで。
牛肉のカルパッチョとタタキでした。
うんうん、全部おいしい!
(秋にはポルチーニのフライなどもあるそうですが、フライは生ポルチーニしか使えないので、それ以外の季節には食べられないとのこと。残念!!)


私達の近くに座っていたご婦人(70歳代ぐらいかな?)4人組。
私達が「少なめにお願いします」と注文したのに対し、彼女たちは

「がっつり大盛りで。頼むわよ!」

と注文していました。さすが!!(笑)


家族経営のレストランなので、雰囲気もアットホームでお料理もおいしいし、言うことなしでした。
その分、お値段はちょっと高めかな。

お店の人いわく、
「毎年10月11月の週末は混むよ。予約は今からしておいてね」
とのこと。

山の中にあるので不便ですが、食べに来る価値はありますよ!
レストランの2階はホテルになっているので、夕食を食べた後はそこで1泊するのもありかも。

興味のあるからは、是非行ってみてくださいね。
私達も、今年の秋はポルチーニを食べに行くぞ!!


・・・あ、早く予約しなきゃ!


Cà CERFOGLI
Via Montegrappa, 6/8 - 41025 Acquaria (Modena)
Tel. 0536 65052
http://www.albergocerfogli.it/









↓皆さんの1クリックお待ちしてまーす!毎日の更新の励みになります。
br_banner_grape.gif
地域情報(ヨーロッパ)のブログランキングと、

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
イタリア情報のブログランキングに参加中。
いつも応援ありがとうございます!




以前のブログはこちら↓

*イタリアのホントのトコロ
http://blogs.yahoo.co.jp/s_sacco1224

*イタリア個人旅行のススメ
http://italiatour.exblog.jp/


posted by Satokina at 16:24| Comment(0) | レストラン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

巨大ピザの店

8日にモデナへ出かけた時、お昼を外で食べようということになりました。
しばらくピザを食べていなかったので、無性にピザが食べたかった私。
いつも行っているレストランやピッツェリアに開いているか確認の電話をすると、どこもかしこも

「お昼はピザはありません。夜だけ」

とのこと。

「それでもピザが食べたーーい!もうピザの気分!ピザ以外は食べたくない!」気分だったので、ネットでモデナ近くのピッツェリアを探して電話してみると、お昼もピザをやっているとのこと。
早速、車を飛ばして向かいました。

CIMG7545.JPG


このお店、炭火焼のお肉がおいしい所のようで、お店の真ん中には大きなグリルコーナーがありました。

CIMG7554.JPG

え〜、どれにしようかな〜。

CIMG7550.JPG

すみませーん、これくださ〜い。


最近、お店のメニューが大好きなケント。
メニューが来ると、大人のまねをしてメニューを見ながら「ごにょごにょ」と一生懸命何かを言っています(笑)。


さて、来る前にお店のサイトを見た時には気がつかなかったのですが、このお店、巨大ピザのお店のようでした。
普通の大きさのピザはなく、500gか1kgのピザのみ(汗)。
500gのピザで2人前だそうなので、3人で1枚のピザを頼みました。

CIMG7559.JPG


写真で見るとイマイチ大きさが分かりませんが、普通のピザの1.5倍ぐらい。
生地はもちもちしていて美味しかったのですが、ピザを食べる前に1人前の野菜のビュッフェを半分ずつ食べていた私達は、2/3ぐらい食べたところでお腹いっぱいに。
最後は、無理やり詰め込みました(汗)。

他のテーブルでは、5〜6人の子供たちを連れたグループが、大きなピザを何枚か注文していました。
大人数で食べるにはいいのかも。

お肉のグリルもとってもおいしいそうだったので、次回は是非グリルを試してみたいな。

トイレもとっても綺麗なレストランでした(これ重要!)。
エミリア街道沿いのとても便利な場所にあるので、モデナ近郊の人は是非どうぞ〜!


Ristorante Pizzeria La Brace
Via Emilia Est, 1735 41126 Modena
059 284800
http://www.ristorantepizzerialabrace.com/








↓皆さんの1クリックお待ちしてまーす!毎日の更新の励みになります。
br_banner_grape.gif
地域情報(ヨーロッパ)のブログランキングと、

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
イタリア情報のブログランキングに参加中。
いつも応援ありがとうございます!




以前のブログはこちら↓

*イタリアのホントのトコロ
http://blogs.yahoo.co.jp/s_sacco1224

*イタリア個人旅行のススメ
http://italiatour.exblog.jp/


*************************************
イタリア・ボローニャの個人旅行専門店
Sol Levante Tour

URL: http://sollevantetour.net/
MAIL: info@sollevantetour.com
*************************************




posted by Satokina at 01:00| Comment(3) | レストラン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

Osteria di Rubbiara その2

Osteria di Rubbiara その1」の続きです。


CIMG7516.JPG


バルサミコ酢を作っているところを案内してもらう前にレストランの入り口から入った時、入り口に「携帯、テレビの持込を禁止する」という張り紙がしてありました。
(「テレビなんて誰が持って入るんだ」とみんなで突っ込んだのですが・・・笑)

旦那が「こんな張り紙があるよ」と教えてくれたので、みんなで「じゃあ、携帯の電源を切っておこうか」と電源を切りました。

バルサミコ酢の説明の後に、レストランでお料理が運ばれてくるのを待っている間、入り口近くにこんな物を発見。

CIMG7518.JPG

携帯を入れる箱。

「へ〜、こんな物まであるんだね」と話していると、私達に近づいてくる男性が。
先ほど、ジュゼッペさんが「父親です」と紹介してくれたここの5代目当主でした。
(にこりともしない、こわーいおじさんです・・・汗)

「ここは携帯は禁止だよ」と言うので、「もう電源を切りました」と答えると、

「・・・持って入るのも禁止だよ。あそこの箱に入れなさい」

と、携帯を入れる箱を指差して去っていきました。
こ、こわいよ〜〜〜!!(涙)

結局、私達は携帯箱には入れなかったのですが、後から入ってきた人たちを見ていると、みんな携帯を箱に入れてからレストランに入ってきます。

へ〜〜、このレストランではそうするのが常識なのね。

このおじさんにビクビクしながらも、お料理はとってもおいしかったです。
ボリューム満点!

CIMG7519.JPG


CIMG7520.JPG


CIMG7521.JPG


CIMG7522.JPG


パスタもお肉もおいしかったのですが、この「鶏肉のランブルスコ煮と玉ねぎのバルサミコ酢煮」が特においしかったです!
バローロ煮と言うのはよく聞きますが、ランブルスコ煮は初めて。
ランブルスコもバルサミコ酢も、ここで作っている物を使っているとか。
そりゃ、おいしいはず!

CIMG7523.JPG


最後は、デザートと一緒にリキュール類も出てきました。
これも、全てここで作っているものばかり。
私は「Nocino(ノチーノ=くるみのお酒)」を頂きました。


おいしいお料理が、自家製のランブルスコやバルサミコ酢、リキュール類などと一緒に楽しめるオステリアでした。
お近くの人は、是非一度行ってみてくださいね。

あ、レストランに入る時には、携帯を箱に入れるのをお忘れなく!(笑)


Osteria di Rubbiara
Acetaia Pedroni

Via Risaia, 2 41015 Nonantola Modena
059 549019
http://www.acetaiapedroni.it/





★こちらのオステリアには、モデナまたはボローニャからご案内できます。
ご希望の方は「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。








↓皆さんの1クリックお待ちしてまーす!毎日の更新の励みになります。
br_banner_grape.gif
地域情報(ヨーロッパ)のブログランキングと、

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
イタリア情報のブログランキングに参加中。
いつも応援ありがとうございます!




以前のブログはこちら↓

*イタリアのホントのトコロ
http://blogs.yahoo.co.jp/s_sacco1224

*イタリア個人旅行のススメ
http://italiatour.exblog.jp/


*************************************
イタリア・ボローニャの個人旅行専門店
Sol Levante Tour

URL: http://sollevantetour.net/
MAIL: info@sollevantetour.com
*************************************




posted by Satokina at 01:00| Comment(2) | レストラン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

Osteria di Rubbiara その1

先週の土曜日、ミラノに行く前に日本からのお客様のOさんを、モデナ近郊のあるオステリアにご案内しました。
このオステリア、ちょっと特殊な場所の様で、初めは私とOさんだけが行く予定だったのですが、ランチには旦那も付いて行くことになりました。

・・・というのも、電話で予約した時に、

旦那「今週の土曜日に2名で予約したいんですが」

お店の人「土曜日ですね、いいですよ。・・・ところで、女性2名様ですか?」

旦那「はい、そうですけど」

お店の人「・・・申し訳ないんですけど、男性の方が一緒でないと予約をお受けできないんです」

旦那「は?・・・じょ、冗談ですか?」

というようなやり取りがありました。

実はこのオステリア、昔は修道院だったところで、その頃の女人禁制のしきたりを守って、今も男性が一緒でないと予約を受けないようにしているんだとか。
また、レストランでの給仕も常に男性から。
女性は男性の残り物を食べていたと言う、昔の田舎の風習が残っているそうな。

また、このオステリアはバルサミコ酢やランブルスコも作っているそうで、レストランでの食事の前にバルサミコ酢を作っているところを案内してもらえることになりました。


CIMG7524.JPG


レストランは、モデナ近郊の小さな町の外れにありました。
6代目の若旦那(笑)のジュゼッペさんがバルサミコ酢を作っているところを案内してくれました。

CIMG7513.JPG


CIMG7515.JPG


絞ったブドウの汁(モスト)を煮詰めた物(モスト・コット)を、木の樽で時間をかけて熟成させていく「伝統的バルサミコ酢(Aceto Balsamico Tradizionale)」に対して、「バルサミコ酢」とはワインビネガーやカラメルなどを混ぜて伝統的バルサミコ酢の色や味に近づけた物。
伝統的バルサミコ酢を作るのに20〜30年かかるのに対して、バルサミコ酢は3ヵ月ほどでできるそうです。

私達が普段、スーパーで見るような安いバルサミコ酢は、このワインビネガーやカラメルが入った物なんですね。
(バルサミコ酢はピンからキリまであり、1瓶2〜3ユーロのものから、比較的質のいいものは10ユーロほどで売っています。高いものほど、ブドウの品種にこだわったり、混ぜるワインビネガーの量を少なくしたり、カラメルを混ぜないなどしているそうです)


バルサミコ酢の説明が終わったら、レストランで試食をさせてもらい、その後はそのまま食事へ。
この日は土曜日だったので、メニューはレストランが決めたコースメニューのみでした。
平日は、通常メニューがあるようです。

レストランでの食事の様子はまた明日!
ここのおじさん(5代目当主)が、こ、こわかった〜〜〜!!(汗)








↓皆さんの1クリックお待ちしてまーす!毎日の更新の励みになります。
br_banner_grape.gif
地域情報(ヨーロッパ)のブログランキングと、

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
イタリア情報のブログランキングに参加中。
いつも応援ありがとうございます!




以前のブログはこちら↓

*イタリアのホントのトコロ
http://blogs.yahoo.co.jp/s_sacco1224

*イタリア個人旅行のススメ
http://italiatour.exblog.jp/


*************************************
イタリア・ボローニャの個人旅行専門店
Sol Levante Tour

URL: http://sollevantetour.net/
MAIL: info@sollevantetour.com
*************************************




posted by Satokina at 00:29| Comment(0) | レストラン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

パルマ旧市街のレストラン

パルマ在住のYさんから、パルマ旧市街のレストラン情報が届きました。
インターネットを見ても、あまり情報がないパルマのレストラン。
これからパルマに来られる方は、是非参考にしてくださいね!


【パルマ旧市街のレストラン】

*Greppia
Via Garibaldi,39 Parma
0521.233686
味もサービスも評判良しの本気レストランです。


*Parizzi
http://www.ristoranteparizzi.it/Sito/index.html
Via Reppublica,71 Parma
0521.285952
イタリアでも有名な若シェフのいるレストラン。
最近お店をモダンな雰囲気に改装しました。
知名度は高いけれど、味に関してはGreppiaほどの話はききません。。


*Trattoria Corrieri
Via Conservatorio,1 Parma
0521.234426
パルマ料理が食べれる活気のあるトラットリアです。


*I Merli
Borgo Piccinini,7/A Parma
0521.386846
開)毎日夜のみ(19時〜2時)
どちらかというと、ワインにあう料理が食べられるお店です。


*Corsaro
http://www.ristorantealcorsaro.com/
Strada Cavour,37 Parma
0521.234502
休)木曜日
パルマで海鮮パスタやリゾットが食べたいならここへ。
大きすぎないピッツァも美味しい人気のお店です。


*Orfeo
http://www.pizzeriaorfeo.it/
Via Giosue Carducci,5 Parma
0521.285483
休)火曜日、日曜日の昼
いつも賑わっているピッツェリア。
パルマの生ハムとチーズをふんだんに使ったピッツァが人気です。



【番外編】

*Antica Salsamenteria Baratta
http://www.salsamenteriabaratta.it/
Corso Roma,76 Busseto(PR)
0524.91066
休)月曜日
作曲家ヴェルディも通ったというお店。
とても美味しい生ハムやクラテッロなどのハム類にあわせて、手作りのサルサもランブルスコをより美味しくさせます。




★パルマでの通訳、案内などをご希望の方は、下記のメールアドレスへ直接ご連絡ください。
aoi.yonamine@gmail.com







↓皆さんの1クリックお待ちしてまーす!毎日の更新の励みになります。
br_banner_grape.gif
地域情報(ヨーロッパ)のブログランキングに参加中。
いつも応援ありがとうございます!




以前のブログはこちら↓

*イタリアのホントのトコロ
http://blogs.yahoo.co.jp/s_sacco1224

*イタリア個人旅行のススメ
http://italiatour.exblog.jp/


*************************************
イタリア・ボローニャの個人旅行専門店
Sol Levante Tour

URL: http://sollevantetour.net/
MAIL: info@sollevantetour.com
*************************************








posted by Satokina at 20:10| Comment(0) | レストラン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする