banner_modenatour1.jpg   banner_modenatour2.jpg banner_ferraritour.jpg   banner_sanmarinotour.jpg

2012年05月29日

山の中の絶品レストラン

もうそろそろつわりの時期は治まってきたのですが、何だか体がだるくて何にもする気がしない日が続いていました。
パソコンの前に座るのもしんどくて、なかなかブログも更新もできず。。。(汗)
「いやいや、こんなことではいかーーーーん!」と、今日は朝から、ないやる気を奮い起こしてみました。

う〜〜〜ん。。。ケントの時ってこんなにしんどかったかなぁ。。。?


さて、もう大分前の話題になってしまいますが(どれだけブログ更新をサボっていたかばれますね。。。汗)、山の中にある絶品レストランに行ってきたのでご紹介しますね。

今年の春頃に、日本からのお客様Sさんから「ここのレストランに行きたいんですが」と問い合わせがありました。
そのレストランとは、実は私達が去年の秋に予約を取り損ねたところ。
(詳しくはこちらの記事をどうぞ→)

「どうしてこんな山の中にあるレストランを知っているんだろう?」と不思議に思っていたのですが、Sさんはこのブログを見てくれていたらしく、「予約が取れない人気のレストラン」に行ってみたいと思ってくださったんだそうです。

春の平日だったので、予約も簡単に取れ、当日はパルミジャーノ工場とバルサミコ酢工場にご案内した後、車でレストランに向かいました。
私達がいつもご案内する2つの工場は、フェラーリの町として有名な「マラネッロ」の郊外にあります。
そこからレストランまでは、車で約1時間。
ちょうどお昼頃にレストランに到着しました。

IMG_1152.JPG

石造りの素敵な外観。

IMG_1146.JPG

落ち着いた内装もとっても素敵でした。

IMG_1147.JPG

前菜は生ハムと、ポルチーニとトリュフのクロスティーニ(カリッと焼いたパンの上に具が乗ったもの)。
う〜ん、おいしい!

IMG_1148.JPG

IMG_1149.JPG

パスタは2種類を少しずつ持って来てもらいました。
ポルチーニソースのトルテッローニ(詰め物パスタ)と、トリュフソースの手打ちパスタ。
どちらもとってもおいしかったのですが、このトリュフのパスタが絶品でした。
白トリュフは秋にしか取れないらしいのですが、黒トリュフは他の季節でも取れるそうな。
というわけで、このパスタには生トリュフを薄くスライスしたものが乗っていたのですが、これがと〜〜ってもおいしかったです!

IMG_1150.JPG

セコンドもお任せで。
牛肉のカルパッチョとタタキでした。
うんうん、全部おいしい!
(秋にはポルチーニのフライなどもあるそうですが、フライは生ポルチーニしか使えないので、それ以外の季節には食べられないとのこと。残念!!)


私達の近くに座っていたご婦人(70歳代ぐらいかな?)4人組。
私達が「少なめにお願いします」と注文したのに対し、彼女たちは

「がっつり大盛りで。頼むわよ!」

と注文していました。さすが!!(笑)


家族経営のレストランなので、雰囲気もアットホームでお料理もおいしいし、言うことなしでした。
その分、お値段はちょっと高めかな。

お店の人いわく、
「毎年10月11月の週末は混むよ。予約は今からしておいてね」
とのこと。

山の中にあるので不便ですが、食べに来る価値はありますよ!
レストランの2階はホテルになっているので、夕食を食べた後はそこで1泊するのもありかも。

興味のあるからは、是非行ってみてくださいね。
私達も、今年の秋はポルチーニを食べに行くぞ!!


・・・あ、早く予約しなきゃ!


Cà CERFOGLI
Via Montegrappa, 6/8 - 41025 Acquaria (Modena)
Tel. 0536 65052
http://www.albergocerfogli.it/









↓皆さんの1クリックお待ちしてまーす!毎日の更新の励みになります。
br_banner_grape.gif
地域情報(ヨーロッパ)のブログランキングと、

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
イタリア情報のブログランキングに参加中。
いつも応援ありがとうございます!




以前のブログはこちら↓

*イタリアのホントのトコロ
http://blogs.yahoo.co.jp/s_sacco1224

*イタリア個人旅行のススメ
http://italiatour.exblog.jp/


posted by Satokina at 16:24| Comment(0) | レストラン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: