banner_modenatour1.jpg   banner_modenatour2.jpg banner_ferraritour.jpg   banner_sanmarinotour.jpg

2012年03月31日

MUSEO CASA ENZO FERRARI その2

前回ご紹介した、エンツォ・フェラーリの生家を改装した博物館「MUSEO CASA ENZO FERRARI」

この博物館はフェラーリの博物館というより、イタリアのクラシックカー博物館という感じなのですが、この博物館の隣にもうひとつ小さな博物館がありました。
昔、車の修理工場として使われていた建物を改装したものなのですが、中はエンツォ・フェラーリとフェラーリ社の歴史博物館となっています。

IMG_0978.JPG

2つの博物館が向かい合って建っています。
メインの博物館でチケットを買うと、こちらの博物館にも同じチケットで入れます。
入り口にスタッフがいるので、チケットを見せてくださいね。

IMG_0956.JPG


IMG_0962.JPG


IMG_0971.JPG


IMG_0974.JPG



こちらの博物館は、エンツォ・フェラーリとフェラーリ社に関する物や資料がずらり。
説明はイタリア語と英語のみですが、フェラーリ社の歴代のマークやエンツォ・フェラーリの私物(トレードマークのサングラスなど)など、説明がなくても見て楽しめるものもたくさんありました。



モデナ駅からも徒歩圏内のこの博物館。
フェラーリやクラシックカーに興味のある人は、是非行ってみて下さいね!

(ただ、モデナ駅には荷物の預かり所がないので、大きな荷物を持って移動するのは大変かもしれません。。。ボローニャに滞在中に半日〜1日観光でモデナに来られる方がいいかもしれませんね)








↓皆さんの1クリックお待ちしてまーす!毎日の更新の励みになります。
br_banner_grape.gif
地域情報(ヨーロッパ)のブログランキングと、

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
イタリア情報のブログランキングに参加中。
いつも応援ありがとうございます!




以前のブログはこちら↓

*イタリアのホントのトコロ
http://blogs.yahoo.co.jp/s_sacco1224

*イタリア個人旅行のススメ
http://italiatour.exblog.jp/


posted by Satokina at 00:06| Comment(0) | モデナ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

MUSEO CASA ENZO FERRARI(エンツォ・フェラーリの生家博物館)に行ってきました

2012年3月10日にオープンした「MUSEO CASA ENZO FERRARI(エンツォ・フェラーリの生家博物館)」。
モデナ駅近くにあるエンツォ・フェラーリの生家を改装して作った、イタリア車の博物館です。

今日は、旦那の仕事が午後からだったので、その前の時間を利用してちょっと覗いてみることに。

フェラーリ工場近くにある本家のフェラーリ博物館は、モデナからはバスで30分ほどと遠く、交通の便が悪かったのですが、この博物館はモデナ駅からゆっくり歩いて10分ほど。
交通機関で移動する人にも行きやすい場所にあります。

IMG_0899.JPG


IMG_0949.JPG

入り口を入ると、左側にチケット売り場とその両側にBAR(兼レストラン)とギフトショップがありました。

本家のフェラーリ博物館はスタッフの態度が悪いのですが(笑)、ここはチケット売り場のスタッフも、入り口でチケットをチェックするスタッフもとってもフレンドリーでした。

チケットは、大人一人13ユーロ(5歳以下の子供は無料)ですが、この博物館と本家の博物館を両方見る場合は少し割引があります。
また、モデナ県に住んでいると割引があるようで、私達は住所を聞かれたので「グイリアです」と言うと、
13ユーロのところ9ユーロになりました。
5歳以上の子供連れの家族(両親と子供1名)も、一人9ユーロに割引になるようです。


IMG_0918.JPG


IMG_0916.JPG


IMG_0930.JPG


IMG_0905.JPG




ここはフェラーリの博物館ではない様で、モデナ近郊のイタリア車の歴史博物館といった感じでした。
フェラーリ、マゼラーティ、フィアット、アルファロメオの歴代のクラシックカーがずらり。
壁沿いには、モデナ近郊の車社会の歴史についていろいろな記事や写真があったそうです(旦那談)。
フェラーリに限らず、イタリア車に興味のある人なら楽しめそうな博物館です。

この博物館の外には、修理工場に使っていた建物を改装した「エンツォ・フェラーリの人生博物館」があったのですが、写真が多くなってしまうので、次回にまわします。
お楽しみに〜!




MUSEO CASA ENZO FERRARI

Via Paolo Ferrari 85 Modena
Tel:059.4397979
www.museocasaenzoferrari.it

開:10月1日〜4月30日 9時30分〜18時
  5月1日〜9月30日 9時30分〜19時


地図を拡大する









↓皆さんの1クリックお待ちしてまーす!毎日の更新の励みになります。
br_banner_grape.gif
地域情報(ヨーロッパ)のブログランキングと、

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
イタリア情報のブログランキングに参加中。
いつも応援ありがとうございます!




以前のブログはこちら↓

*イタリアのホントのトコロ
http://blogs.yahoo.co.jp/s_sacco1224

*イタリア個人旅行のススメ
http://italiatour.exblog.jp/


posted by Satokina at 02:43| Comment(0) | モデナ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

クリーム系がおすすめのジェラテリア

先週はバタバタと毎日忙しかったので、ブログの更新ができず・・・(涙)。
今週は少し落ち着いたものの、やはり毎日やることがいっぱいです。
た、助けて〜〜!




さて、今日はボローニャ旧市街のジェラテリアを紹介しますね。

IMG_0780.JPG


本店はボローニャ近郊にあり、おいしくて有名なジェラテリアが、少し前に旧市街に進出してきました。

場所は、ブランド店が集まるVia FariniにあるPizza Cavourにあります。
マッジョーレ広場からも近いので、行きやすいです。

Mちゃんとギリシャ料理を食べた後に行ったのですが、Mちゃんはクリーム系を、私はフルーツ系のジェラートを注文。

IMG_0784.JPG


Mちゃんいわく、
「クリーム系はここの方がおいしい。フルーツ系は、私はCastiglieoneの方が好きかな」

う〜〜ん、確かに、フルーツ系はもうひとつのジェラテリアの方がおいしかったような気がします。
Mちゃんの頼んだクリーム系のジェラートを味見させてもらったのですが、濃厚でとってもおいしかったです。

ただ、このジェラテリアは一番小さなサイズ(2つの味を選べます)が2.3ユーロとさらにお高め。
ブランド店が立ち並ぶエリアにあるので、場所代でしょうかねぇ。。。

それにしても、ボローニャは物価が高いです!



どちらのジェラテリアもとってもおいしいので、ボローニャで時間があれば、2つのジェラテリアを食べ比べてみてくださいね。




cremeria funivia

Piazza Cavour 1/de Bologna
Tel:051.6569365



地図を拡大する







↓皆さんの1クリックお待ちしてまーす!毎日の更新の励みになります。
br_banner_grape.gif
地域情報(ヨーロッパ)のブログランキングと、

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
イタリア情報のブログランキングに参加中。
いつも応援ありがとうございます!




以前のブログはこちら↓

*イタリアのホントのトコロ
http://blogs.yahoo.co.jp/s_sacco1224

*イタリア個人旅行のススメ
http://italiatour.exblog.jp/


posted by Satokina at 17:33| Comment(0) | ボローニャ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

ギリシャ料理のレストラン

先週、ボローニャ在住のMちゃんを誘って旧市街にお昼を食べに行ってきました。
日本からのお客様にお勧めできるボローニャ料理のレストランを試すつもりでウロウロしていたのですが、Mちゃんの、

「そういえば、ここからもうちょっと行ったところにギリシャ料理の店があるよ」

この一言で無性にギリシャ料理が食べたくなり、そっちのレストランに行ってきました。
(ボローニャ料理のお店はまた今度〜。ごめんなさーーい!(>人<) )


IMG_0774.JPG


少し前に改装したらしく、とっても清潔でかわいらしい店内でした。
ギリシャ料理をよく知らない私は、メニューを見てもちんぷんかんぷん。
店員さんにお勧めを聞いて注文しました。

IMG_0775.JPG


前菜は、ポルペッテの盛り合わせ(いろんなソース付)にピタが付いたもの。
いろんな味のソースを付けて食べられます。
揚げたてでおいし〜〜〜い!


IMG_0776.JPG

ボクモ、ボクモ。。。


IMG_0778.JPG


ギリシャ料理の定番、ピタにお肉と野菜を巻いたもの。(名前忘れましたけど・・・汗)
私はケントと半分こしたので、お肉と、野菜の代わりにポテトフライをピタには巻かずに別々に持って来てもらいました。


お肉が油っぽいので、やっぱり野菜と一緒にピタに巻いたものの方があっさり食べられそうです。
でも、どれもとってもおいしかった!
昼間から生ビールを飲んで(汗)、幸せなランチタイムでした。

ボローニャでギリシャ料理が食べたくなったら、是非一度お試しくださいね!




TO STEKI

Largo ottorino respighi, 4/e 40126 - Bologna (BO)
051 268012


地図を拡大する









↓皆さんの1クリックお待ちしてまーす!毎日の更新の励みになります。
br_banner_grape.gif
地域情報(ヨーロッパ)のブログランキングと、

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
イタリア情報のブログランキングに参加中。
いつも応援ありがとうございます!




以前のブログはこちら↓

*イタリアのホントのトコロ
http://blogs.yahoo.co.jp/s_sacco1224

*イタリア個人旅行のススメ
http://italiatour.exblog.jp/


posted by Satokina at 23:48| Comment(2) | ボローニャ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

お好み焼きソース、万歳!

前は野菜でも何でも食べていたのに、最近好き嫌いがでてきて野菜だけのおかずだと、

「いや、いや!」

と言って食べなくなったケント。

でも、パスタやご飯は大好きなので、野菜をいっぱい入れた一品料理を作ることが多くなりました。
冬に大活躍だったのが、

*野菜をコトコト煮込むミネストローネ
いろんなお野菜がいっぱい食べられます。冷蔵庫のお掃除にも便利!

*クリームシチュー
牛乳、小麦粉、(バターの代わりに)オリーブオイルで作るクリームシチューというよりはクリームスープ?
これもお野菜がいっぱい食べられます。

どちらも、パスタを入れて食べさせていました。

その他には、おしょうゆやお味噌で味付けして素麺やうどんを入れたものや、チャーハンなんかもよく作っています。
どれもいろいろなお野菜や卵を入れられるので、野菜嫌いのケントにぴったり。



数日前に「今日は何か違うものを作りたいわ〜」と台所をゴソゴソしていると、こんな物を発見!

IMG_0792.JPG


そうそう、この前日本に帰った時に見つけて買ってきたのでした。
ほんと、日本はいろんな物がありますね。
(日本から買ってきてそのまま忘れていて、見つけた時には賞味期限が切れていることもしばしば・・・。今回は早く見つけてよかった!)


「お好み焼きソース」を見つけたからには、お好み焼きを作らなくっちゃ!

というわけで、ケント用におこちゃまのお好み焼きを作りました。
もう普通のお好み焼きも食べられるケントですが、家にキャベツがなかったのでこのレシピで作ってみることに↓↓
http://cookpad.com/recipe/768563

お好み焼きに子供用のソースをかけて出してみると・・・

IMG_0794.JPG


「・・・・アムアム・・・・おいひい」

とあっという間に完食。


おぉ〜〜〜!!Σ(゚∀゚*)


さすがお好み焼きソースをかけると食いつきが違う!。
(以前お好み焼きをした時には、ソース無しだったので味がなかったのか、イマイチ食いつきが悪かったのです。。。)


野菜嫌いのケントが野菜をモリモリ食べてくれるお好み焼き。
子供用のソースのおかげで、作る機会が増えそうです。



お好み焼きソース、万歳!!
(オタフクさん、ありがとう〜〜!!ヽ(*´□`*)ッ )






↓皆さんの1クリックお待ちしてまーす!毎日の更新の励みになります。
br_banner_grape.gif
地域情報(ヨーロッパ)のブログランキングと、

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
イタリア情報のブログランキングに参加中。
いつも応援ありがとうございます!




以前のブログはこちら↓

*イタリアのホントのトコロ
http://blogs.yahoo.co.jp/s_sacco1224

*イタリア個人旅行のススメ
http://italiatour.exblog.jp/


posted by Satokina at 08:00| Comment(2) | イタリア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする